高層ビルと電話を掛ける女性

企業開拓のメリット

筆記用具

日本の資格は、本人確認を含め、更新手続きを行う場合が多いのですが、資格を取得した時と同じ難易度の私見を、更新手続きにおいて課せられることは、ありません。
係る審査に通過し続け、ISO39001を標榜し続けることができる事実は、取得という言葉があてられる資格よりも遥かに難しいのです。

日常的に接する交通サービスは、交通安全という切り口と、運輸、道路設置という切り口があるので、実は広範な業界です。
そこで企業としてのモラルやサービス品質の高さを、証明することができる事実は、企業の評価と認知度を上げ、企業展開をしやすくさせます。

資格の取得

標識

ISO39001の資格を取得するためには,多段階のステップを乗り越える必要があります。
まず,事前調査を受けた後,審査契約がされます。
この段階がISO39001の資格を取得するための審査準備期間にあたります。

次に,文書審査と本審査による初回審査を経た後,判定委員会を受けて,登録契約をします。
この段階が,審査機関にあたります。
この段階を経ることで,ISO39001の資格を取得することができます。
資格を取得した後も,定期審査があり,維持・継続的改善を行います。
ISO39001の資格を取得し,交通事故を減らし,企業価値を上げていきましょう。

交通安全への貢献

道路工事

ISO39001は、日本品質保証機構が実施している、品質や製造環境に関する規格の一つです。
交通安全と交通事故削減に寄与する製品やシステムを製造設置したり、サービスを提供する企業が、一定の基準審査に通過することで、登録を認められる規格です。

自動車メーカー、バス、鉄道会社が、ISO39001を取得しているケースが多いことは、よく知られています。
しかしそれだけではなく、交通事故対応をする医療機関や、救急医療を行うことができる機関、高速道路の設計、建設、運営を行う企業も、ISO39001の審査を通過し登録をしている場合が、珍しくありません。
ISO39001に限らず、日本品質保証機構が審査する規格に対して、一般に資格のような理解をされ、ISO39001を取得する、というように、言われます。
しかし、資格とは異なる審査登録であることは、一定期間ごとに審査を受け、それにパスしなければ、ならないからです。

カレンダー

2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031